酔っぱらいから、全人類に次ぐ

■酔ったらおしまい

ビートたけしが、覚醒剤の恐ろしさについてコメントするとき、脳(自体)を騙してしまうから、どうしようもなくなってしまうということを口を酸っぱくしていう。

つまり、本人のよりどころが無くなってしまうのだ。


これは、薬物じゃなくても、アルコールにもいえるんだと、私は感じていて。

いや、私も酔っぱらいますが、酔ったらなんの言い訳も通用しないわけです。


タバコよりアルコールを制限させろよって意見は一理あると感ずる。


なにが、支障になるよ。

アルコール消費に関連する経済か、取り締まりか。



■そもそも論


今回の記事、酔っぱらって書いてます。

だから、みなさま、気負わなくていい。

これは、たわごと。

本音に近いけど、酔っぱらいのささやき。

飲み過ぎた後悔をぶつけちゃっている。

なんの意味ももたない。


■番外編

しかし、よのなかには強者(つわもの)がいて、酔っぱらって文章を書く作家がいた(今まいる?)そうです。
(酔わないと書けない人だったみたい。故に飲み過ぎで、体調は蝕(むしば)まれやすい傾向になる)


ああ、疲れた、おやすみ、さいなら



■(少し酔いが冷めてから、この記事を読み返してみた)

うむむ。

酔いすぎて、気持ち悪くなって、
酔ったことを、なかったことにしたい願望から、
書かれた と 推測。

我ながら、推測。


気をつけよう、アルコール。

ほどほどに、アルコール。

できるなら、アルコール、

しあわせに、アルコール、

つないでよ、アルコール。


でもだめね(アルコール)、

大事なの(マイセルフ)、

飲むまえの(そのチョイス)、

飲むことを(そのチョイス)、

飲むこと自体を(そのチョイス)、

選択した(そのチョイス)、

そう、わたくしの選択。


わたくしが、選びとったこと。

自由。

責任。

無限の可能性がある人生で、
今、こうしていることを選択し、

生きているということ。




うむむ。うむむむ。