読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目系クズ考

■この負の言葉について語らねばなるまい

僕は、周りからマジメと言われます。自分でもそう思います。

しかし、仕事やら人間関係やらしっくりこない。悶々な日々。

真面目にやってるのになんでこんな人生なんだ!


■どうしようもなくなり

あるとき、どうしてもこの状況がひっかかり、検索したところが、

(真面目系クズ)

なる言葉。

(これ、自称真面目系にはキョーレツな響きなんです。今も違和感あります。出来れば触れたくない言葉)

しかし、仕方ない。いままで変わらなかったんだもの。ひとまず、自分は真面目系クズだと認識し、対処方法の教えを乞おうではないか。

そうして、調べはじめたんです。


■ワトルズを読め

ヤフー知恵袋さんをみましたら、優雅な感じの回答で(ワトルズを読め)とありました。

こうしろああしろという解決法を想像していたので、とてもフレンドリーな印象。解決(したわけじゃないけど)への扉は入りやすかった。

で、紆余曲折、巡りめぐって行き着いた先が

(東大六郎さん)

でした。


■ためになったよ~

勉強、仕事、人生、いろいろ(エロエロ)なことがブログに載っていて、たいへん参考にさせていただいております。

悩みがあるかたはぜひご覧ください。

真面目系クズに関して、東大六郎さんは直接関係なかったのですが、生きる上での種々の悩みに対してどう向き合うか。示唆を受けたわけです。


■で、話を真面目系クズに戻す

そもそも、真面目系クズ自身が、真面目系クズを自覚するかどうかが問題です。

そもそも真面目系なんちゃらは、(まじめ故に)悩み、(まじめ故に)抱え込み、(まじめ故に)現状が変わらず、むしろ周囲を巻き込み、悪化させていきます。

ダメもとで、ちがうことをやるしか、解決はしないんやー(と思う)。


■詩人になるには詩人になることをやめよ

って、話を聞いたことがあります。

タイミングもある。運もある。

ダメなもんは、ダメなんだ。

安易に求めているうちは、求めることにならん。

真面目をあ き ら め ろ。


■もうお開きにしたい

というわけで、真面目系クズという、強烈パンチな用語を開発された方はすごいです。

しかし、その言葉をもてあそんでも仕方あるまい。

自分をその言葉に当てはめてもしかたあるまいに。


■世の中のまじめさんに(あ、俺のことか)

まじめにやらないほうが、まじめにやるよりも、早くて、的確で、他人が喜ぶことがあるってことを知ってください。

自分自身が楽しめるってことを知ってください。



(はい。スミマセンでした‼‼‼‼)