読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来た!新?人工甘味料アドバンテーム

■色んな文脈でお楽しみください


■其の壱

日本が誇る「あ○○○と」開発の甘味料です。

アドバンテージを感じるアドバンテーム。

メインディッシュに、デザートに、ジュースに、何にでも、使えることでしょう!

今日買いましたセ○○○○○ンのチーズアイスに含まれていました。

アイスの原材料欄にアドバンテームの文字を見つけて、この記事を思い付きましたぁん!!!!!

か ○ は ○ はー!!!!!!!!!!!!!


■其の弐

人工甘味料で、手放しで歓迎できる成分はあるんかいな。

欧米じゃ制限かかる物質もちらほら。

嘘か本当か遺伝子組み換え操作した微生物?だかの糞が、とある甘味料だって話もあるし、健康への影響もどうなんだか。

そんな疑心暗鬼のなかに、サラッと登場したアドバンテーム。

砂糖に比べ、なん万倍も甘いってこと以外、まったくその性質がわからん。


■其の参

私が人工甘味料開発に命を燃やす科学者とする。化学者?。

成分はどうであれ、スゲー甘いものができたっつったら、喜びもひとしお。

所属する企業?に利益をもたらせたら、消費者により、安価に、手軽に、甘さを楽しんでもらえたら、さらにやりがいも感じるであろう。


■其の肆

フロン、アスベスト、PCBエトセトラ。

夢の素材だともてはやされた挙げ句、環境破壊、健康被害、毒性により、使用を禁じられた物質たち。


同じ土俵で語ってよいのか、悪いのかすらわからない、人工甘味料


直感はどうだ?


信じられるか?何かひっかかるか?


俺の中では何かひっかかる。


もろ手をあげて喜べないなにかがありそうだ。



■其の伍


って言うほど、健康にこだわる必要がまだまだ後回しにできる俺だ。ありがたいことに。


ふと思う。


病気だ怪我だで、後遺症に苛まれたとき。


自分を自分で制御できなくなったとき。


他人と、本当の意味で、異なる世界を生きなければならなくなったとき。


あの物質が悪かったんだ、あの出来事が悪かったんだといって、解決するだろうか。


裁判、訴訟、賠償、補償は権利としてあれど、本質的なとこね。


全てを自分で引き受ける覚悟。

揺らいでは、また覚悟する。覚悟しては、揺らぐ。

最後は引き受けることになる。


■其の陸

(実はわかってほしいこと。

1ヶ月はてなを忘れて過ごしていたこと。

はてなAIから記事更新催促のメールが来たこと。

そして今日、はてなAIからブログ開始半年経ったよメールがきたこと。

それでもなお、はてな導入の伊藤計画さんとは真逆の、なにかきっかけがあれば、はてなと距離を置きたい願望たっぷりの自分であること。

にもかかわらず、ついログインしては記事を書いてしまうこと。

そう。いまは、なんだかはてなと離れたい気分。すまん。はてな

でもはてな。こうして、しこしこ記事を打ち込んでしまうよ、はてな

ああ、はてな。おお、はてな

またしばらくしたら、はてなAIよ。

プログラムにのっとって、しかるべきメールを送ってくれるのだろう。

ああ、俺はそれをひとまず受信するだろう。

しっかり読まず 削除してゴミ箱に入れることはできるが、受信の事実、催促されたんだろうなという予感は生じるであろう。

じゃ、はてな やめればぁ!?という思いもちらほら。

どっこい。そうはいかないのが、現代っ子。

未練がましいながらも、未練と対峙する。

面倒くさく生きるのが、私のスタイル。

ありがとうはてな


感謝の言葉をぶつければ、なんでも許されるとは思わないが、感謝の言葉をぶつけるしかなかろうとおもう今日この頃。

では、さよなら。


さよならさよなら詐欺。

詐欺に注意。


)





ここ数日の本題

■照れ隠し


精神だ、地球だ、宇宙だ、書きましたが、


本当は、自分の使命というか、何か世のため、人のため(っていうと、そらぞらしいし、プレッシャーだから、楽しくなるような)に、生きたいなってこと。


最近、エレファントカシマシが結成30周年でメディアで取り上げられています。


不思議な魅力の宮本浩次さんも、気になるアーティストです。

コアなファンまでいかないけど、昔々、学生時代、ハマった時期があったなと懐かしくなりました。


宮本さん。自分の曲は世界一だと思って唄っているそうです。


真似できるわけじゃないけど、そういう心意気にグッとくる。


ただ、思うに、宮本さんには伏線があって、10歳のときにNHKみんなのうたで歌手デビューしている。

才能がある。


おそれずにいう。才能、うらやましい。



私の才能ってなんだろう。探してしまう。


きっと、あろう、私にも。


それを使命として、命を燃やしたい。

そう思うのである。


エレカシ


むくむくと、好きな芸能人やアーティストに熱を上げつつある自分を感じている。

この熱もいつかは冷める。

むしろ、冷めたくなる。

やはり、自分は自分だからだ。

すこししたら、また、自分と向き合わねばなるまい。


がんばろう。


がんばろう。


すこし疲れたら、ぐっと、がんばろう。


で、どーしよーもなくなったら、ぐったり 休もう。


そーして、またがんばろう。



■SF作家星新一の父 星一のエピソード

その昔、星一コロンビア大学に入学するにあたり、学費が足りなかったため、大学当局にかけあい、払える分だけの期間在籍し、その後、休学して稼いでは、また復学して学んだそう。

柔軟な大学の対応もしびれるが、交渉し、やりきった星一もすごい。


すごいが、そのすごさは、だれもが胸にいだく力じゃなかろうか。


表現の違いはあれど、アプローチの仕方は違えど、工夫しだいで、生き方が変わる。


ブラック企業


固定観念で、ブラック戦士。


企業にもなにかあるが、はたらく側にもなにかある。


それを変えたとしても、

欧米みたいに、休みたっぷり、自由と権利たっぷりとは いかねーし、日本人になじまねーけど。


しかしながら、生き甲斐もってやれる方法があるだろうよ。


そこだ。


自分の命だ。がんばりてーよ。引き受けてーよ。

壮大な親馬鹿、脛かじり

■地球規模

原油のもとは、諸説あるようだが、何億年も前の植物だという。恐竜などの生物の死骸も含まれるだろうか。


そんな、古代の恵みを、私は頂いているわけです。


恐竜以前の、私の先祖?先輩?が原油に宿っているとするならば。


壮大、超絶 親馬鹿ってものですな。


勝手に、原油を利用してるだけってことなら、脛かじりです。



■太陽系、銀河系、宇宙規模


地球の頭上。


隕石、流星ビュンビュン。


新星爆発ガンガン。


ブラックホールわんわん。


望む、望まざるに限らず、破壊的衝突、引き寄せ、融合、圧縮、解放、エネルギーが弾ける。


自然の摂理に支配される人間。


自然を模倣する(せざるを得ない)人間。


宇宙でも、どエライことが起きているんだから、人間社会もなにが起きるかわからんじゃないか。


■で、ちっぽけな人間スケールに。

なにが言いたいのかとゆーと、私は、色んなニュースに敏感に反応し、事件事故に、悲しみを感じており、しかし、容疑者をぶったぎれるほど、自分は正直に生きているかというと、そーはいえねーなと違う哀しみを感じつつ、なにが起きても負けたくねーという強がりがわき上がるため、理論武装?というか、宇宙やらエネルギーやら持ち出して、防御しているのでして、同じような悩みをお持ちのかたを、勇気づけたいけど、勇気づけたいのかなと自問しているよーってことです。


しかし、現実の厳しさといいますか、理論上、神的な愛を持ち出したとき、ニュースに出てくる凶悪やろーどもにも、愛の対象は含まれるわけで、そこに引っ掛かりを感ずる、人間的あさましさを持つ私。


いや、妄想だけどさ、キリストやら、ブッタやら、イッパンピイプル相手に、そらぁ悩んだろうなぁと思わざるをえないんだが。


迷ってないとしたら、圧倒的愛、サトリで、例えるならマリオスター状態で、イッパンピイプルを相手にしてたんだろうけど、それはそれで、蹴散らしすぎじゃないか?と思うのよ。



■さまよったあげく、まとめ。


こんな記事をホロホロ書いてる。


縄文時代。夜。人々は何を思った、語らった、てんぱった。



その後のなんちゃら時代でもいいや。何を感じておったのよ。


そんな、諸先輩方のなにがしの要素を煎じて頂きつつ、今、こうして、とりとめのない記事が、生じておりまする。



■だー、思いつき オマケ


地球外生命。


に、敬意を払わなくてよいのかい?


探索マシンで、ウィンガシャして、ひょいと摘まんで持ち帰ってきちゃうのかい?


と、SF的疑問を、あたりかまわず、ぶんなげつつ、おわり。





■久しぶりにはてな記事を更新し、未だに慣れない自分が意識される。

しっかり考察できていないが、自分の文章、思考の癖があるのはわかる。

サラッと楽しい記事にしたいのだけれど、どうも自虐的になりがち。そのくせ、世間に対してトゲトゲしがち。なのに、みんなトモダチ だなんて想いがち。


■癖2

天国言葉だ、スピリチュアルだ、瞑想だ、ゆーては、心の平穏を求めるのであるが、ふと、伊藤計画さんのハーモニーを思い浮かべる。


作品の結末の世界って、皮肉ながら、究極の人類平和なんだけど、個性を認識する私はいなくなるわけです。


例えるなら、大草原をかける野性動物。雄大な景色。

の対象が、人間になったと思ってくだされ。

大地を駆けるシマウマの群れ のように、

人間は、今までと変わらず生活している(ようにみえるのだけど)。

だけど、雄大って感じとる「人間」が存在しない世界。

宇宙人からみた地球人。

地球人は、争うも慈悲の営みをしている(で、あろう)

しかし、


景色としての人間は存在しているが、感じとる人間は いない。

私 が、いない世界。


ふと、瞑想で手に入れたい境地って、そんな 実現したらもともこもないような状態だったりする。

そんなものを、ありがたく思い、あくせく働いては、傷付いた心を手放すことに費やす日々。

が、その日々が、実はかえがえのないもの。


まじ、わからん。この世界。

近況報告でありまする

はてなAIから催促のメールを頂きました


みなさま、お久しぶりでございます。

年度末、年度始めの忙しさにかこつけ、いつもならストレスをはてなにぶつけていたのですが、もう○○でもいいや!くらいの逆エネルギーに変えて、仕事やら私生活のことにあたっておりました。

我ながら不器用な生き方ですが、仕方ありますまい。


■瞑想(に毛がはえた程度のこと)

最近、取り組んだといえば、瞑想ですか。

すこし前は、いわゆる天国言葉ってやつを連呼してたのですが、ふいに瞑想をメインにしてみました。

しかしながら、瞑想ですと、けっかふざ?でしたかね、あぐらの仕方だの、姿勢だの、気にするたちなので、やらずじまいだったのですが、無理やりアレンジしてやっております。

瞑想というより、ただ呼吸を1から10まで頭んなかで数えながら行うだけですが、なんだかいいみたいです。

わたくしのミソとしまして、始まりを0(ゼロ)として、息を吐いてスタートするところであります。

人は亡くなるとき、息をひきとるという。

赤ん坊は、からっぼの肺から産声を絞り出します。

すって、はくのが、しんこきゅう といいますが、

はいて、すうのが、しんこきゅう じゃろがい。


■饒舌もここまで。


では、みなさま、ごきげんよう

伊藤計劃命日

■8年経つ

思えば2年前に計劃さんを知って、その惹き付ける文体に狂喜乱舞し、ブログ、映画紹介、小説にのめり込んで参りました。

このはてブを始めたきっかけも、計劃さんの影響でございます。


■好物で追悼

昨年は、計劃さんがお好きだった、のり塩ポテチを食しました。

(のり塩ポテチ忌と称するファンの方もいらっしゃるようです)

私はといいますと、今年は、計劃さんが亡くなる直前に食べた「カレー」を、いただきました。


■また、明日から

SF小説に、映画に、アニメに、、、様々な分野に影響を与えた計劃さん。

私は、しがない、イッパンピイプルですが、計劃さんの志を勝手ながら引き継いで、楽しい(正しい、じゃないよ)世界の想像にチャレンジしたいと願うのであります。

(ほんとは、しがない、イッパンピイプル だなんて言ってちゃ、ダメダメ。自分の中では、自分はナンバーワンだと言え。あ、独り言です)


■計劃さん。

これからもときどき、あなたの作品群から、示唆を与えてください。

来年の今日も、またカレーを食べながら、はてブに何か書けたらいいなと思います。


ありがとうございました。

ミスチルのメロディーライン

■ラジオで久々に聴いて

カーラジオで

ミスチルの(終わりなき旅)がかかり、

頭ん中をぐるぐる巡って、

自分の人生を重ね合わせて、

どうにもこうにも我慢ならず、

1人カラオケで、絶叫してきました。



桜井さんの映像。

シャウトとスマイル。



(はっ)


おお、スマイル 忘れてたな、、、。



でも、シャウトも忘れてたな、、、。



(終わりなき旅。発表1998年ですって。なつかすぃー)


f:id:runninghachiman:20170315214153j:plain