實行さうすぽお宣言

■なんとなく記念日だから思い立った


左利きに憧れます。

色々あって、左利き生活、左利き人生にチャレンジしよう。


そう思いました。


気長に、しかし、貪欲に、挑戦したい。


でわ、サラバ!

泣き言を書く

■ちょっと前は生きる!と思っていたのに

前日は、がんばって生きるべーなんて感じだったが、今日の今は、弱気。

ほんのちょっとだけど、死への傾きを感ずる。


要するに、疲れだとか、なんか恥ずかしい生きざまだなとか、上手くいってないから、そう思うのだとはわかっているつもり。


だれだってそうなんだろうけど、

不安は不安だ。

でも不安だ。

てゆーか不安だ。

逆に不安だ。


でも、てゆーか、逆に。

そうですね、すごく、やっぱり。


ある人にとっては禁句の羅列。

想像力(創造力)の敵になるんだって。


少し話がそれましたが、

泣き言 です。泣き言であります。


そんな内容をつらつら綴るだけであるが、

少し、癒されたようだ。


泣き言エネルギーはどこに行くのだろう。

電脳?空間をさ迷うのか。


ネット空間てなんだろう。

そもそも、それって空間 なんだろうか。

心やら意識みたいなもので、

脳みそそのものとかじゃないよね、きっと。

ネットも生じてるなにかだろうか。


あんまり深く考えもせずつらつら書きなぐっております。


実は昨日、確信 の記事を書いて、確信して(積極的に)眠ろうなんて思っていたのに、結局、風呂も入らず、リビングでうたた寝した。


そんなもんだよ。

なんてやわらかな日々。

なんてとろけがちな日々。


どうにかなっちまいたい気分。


宇宙の果てへの憧れは、

あながち おかしなものじゃないかもしれん。



ま、なんにせよ、原因は 疲れ だ。


きっと、そうだ。

クジを買うとき、当たることに抵抗感をいだいていないか

■当たりたいのに当たったらなんか違和感かもっておもっちまう


当たるも八卦当たらぬも八卦

たから(多空)くじ。

当たりもあるが、ハズレもある。


そんな(損な)思考回路になりがち。きっとこの似非真面目さが人生突き抜けられない一因であろう。
(そこが良さでもあるのだが、それはまた別の話)


とにかく、

なんだかしらないが、

当たる

と、

確信したらどうだい。


(いや、確率というものもあるし

当たらないよ~~って

超 善良市民感覚は わかる。わかるが、そこから 解き放たれなければならないと思うのよ)


■確信。とにかく、確信。


、、、確信してみて、それで良いことあったら、おめでとう。

今のうちに祝福しておくね。




じゃ、俺は、風呂に入ってから、グッスリ眠ることを、完璧完全完膚なきまでに確信してやってみる。

やっちゃる。


おやっすみ。

この記事を読んでみなさい。ポチッとしてみなさい。優しさ溢れる實行が、なんとスリルを煽る渾身の記事だからさ。

■いらっしゃいませ。

さあさあ、せっかくだから、ゆっくりしていきなさいよ。

暇つぶしかい?

お悩みかい?

怖いものみたさかい?

おやおや、特に何の目的もないってゆうのかい?


それでも、こうして読んでくれてるんだ、何か力になりたいねぇ。

あ、金は やらないぜ。すまんな。


■キミは誰だい

若いのか年寄りなのか

学生か社会人か無職か

いやあ、知ったところでどうって話じゃないが

キミはキミだろう


■夢をもってるかい

夢をもってるんならGO!だ

夢がないんなら、持ちなよ


俺は夢あるぜ。

俺の夢は、宇宙の果てにいくことさ。

ワケわからないだろう?

とりあえず、ワケわかんないけど、夢を持ってみたのさ。


■保証しないことを 保証する

つまり、保証はしないがな、

せっかくだから、

キミは役に立つ とゆっておくよ。

キミよ。がんばれ。



■ぴいえす

命って、かけがえのないもの。

何かにとってかえられないもの。

おれの年齢が十代のときさ。おのれの命は、人生の最後の砦(とりで)、つまり、切り札だと思っていた時期があった。


(今・現代はどうだろうかしらないが)

しかし、昔あるとき、
アメリカ?かな、集団自死が「流行った」んだとさ。

命の認識が変わるよ。

おいおい、流行りで命を落とすのかと。

本人は、それがかっこよかったのか、イケてたのか、検証もできないのに。


逆に、命を盾にするのもどうかとも感じた。

粗末にするのもどうかと感じて、

しかし、敬うのもどうかと感じる。

じゃあ、命ってなんだい。


おっと、答えはないぜ。


命は状態だからな。

これっ てもんじゃない。


なんで、こんな話になった?

あ、俺が言い出した話だったな。

しかも、P.S.だなんて、補足までして。

俺は語りたかった。

読んで欲しかったのさ、キミに。

こんな記事だけどな。

読んでくれただけで、俺は嬉しいさ。

キミは、俺に、喜びを与えたということさ。

素晴らしいじゃないか。

キミに幸あれ!だ。


■しかし気を付けろ!

世界は恐ろしくもあるぜ。

はっきりいって、俺はお人好しだ。

優しさ溢れる記事だ。


ほかの記事も同じだと思うなよ。

危ない記事もあるぜ。


そこはスリルってやつだ。

切り抜けて、たくましく成長してくれ。


ときどき、寄ってくれよ。

眺めてくれよ。


さあ、次の、誰かさんの記事にいっちまいな。


気を付けろよ。


達者でな。

思考の外側の話

■宇宙とか世界とかの話ともゆう

兎に角「自分」を生きるのであるが、よく聞くのが、新しい世界は「自分」とか「我々」とか、今生きる存在「ではなく」、次の存在が作る(造る、創る)のであるということ。


私が頭を使って考えれば考えるほど、はい、なるほど発見やアイデアは思いつくだろうが、未知の領域が手垢で汚れるだけともいえる。


私はかねがね宇宙の果てに憧れるのであるが、その夢が叶ったとして、宇宙の果てに頭を突っ込んだ時点で、そこは果てではなく、既知の宇宙プラス俺の頭となり、果てはまたその先となる。


不可能なのだ。


不可能を思いしり、はてブを借り、文字を打ち込む。

不可能なことを、思い、文字に落とし込む。

とカッコよく言ってるが、低い次元にて、こねくりまわしているだけ。


■世の中の人々

私はこうしてこねくりまわして退屈しているわけだが、しっかりこねる人は、観察し、体感し、蓄積し、成果として知識知恵として後世に繋いでいく。

わたくしは、宇宙の歴史のなかに、いま、こうして、ほんの暇つぶしで、存在したのです。

ナニをどうのこうのしたわけでもなく。


■それでも気になる、宇宙の果て

それでも気になる。

宇宙の果てを、突き抜けたい。

心も身体もいらない。

何にもいらない。

(じゃあ果てかどうかもわからないじゃん)

そう。

だ け れ ど も、

突き抜けたい。

突き抜けてる風(ふう)になりたい。

光だ粒子だ波動だ。


なんかじゃなく。

真空でも虚無でもない。

そんなんじゃない。

そんなもんじゃあない。

が、

何かってもんでもありゃしない。


■こねくりまわす人生だ

そういうわけで、そんな人生です。


不可能。だが。


不可能。を抱き、なにかしら期待する。したい。


宇宙の果てを旅することが、出来そうな気がするのさ。


我ながら矛盾しているのは承知している。


不可能。なら、そこに矛盾。をぶちこむ。


こねくりまわすしかない。

こねくりまわしてやる。

こねくり使命である。

こねくり。

こねり。

こね。

こ。





スパークリングワインで夢を観たよの話

■いただきもの

プレゼントをもらうのは嬉しいものですね。

よくよく考えれば、もらってばかりだな最近。

誰かに幸せ与えたいものですね。


といいながらも、今回、スパークリングワインをプレゼントしてもらいました。


グラスに一杯、飲んで眠ったところが、三日連続で夢をみました。

モテモテの夢でした。

モテ期か。モテ期なのか。

ほのぼのモテている夢でした。

ワインなので、アルコール度数がビールやら酎ハイやらに比べると高め。

目覚めのときの体調はいまいちですが、なぜに、夢をみたのか。

真相はわかりませんが、ワイン、ありがとう。


皆さまも、いい夢みてちょ。


さあ、眠ろう。今日はもう眠ろう。

性別の多様性の中にも多様性がある(と思う)話

■エルジービーティーなど

心と身体にズレがあったり、同性婚があったり、最近では複数愛なんてのも主張され、世間に知られるようになった。

少数派が表舞台に立てなかった時代から比べれば、徐々にではあるが意見が言えるようになった今は変化が訪れているのかもしれない。

(偏見や思い込みは依然あったとしても)


■しかし人間だもの

同性結婚したのち、色々あって離婚したという話も聞くのである。

人間だもの、仕方ない。

性別の不一致もあるのだという人間のあり方の多様性のなかに、そういった少数派同士が惹かれ合い、時として別れる という、人間関係のあり方の多様性もあるのだということ。

少数派は得てして、しっかりものでなければならない、その道を貫かなくてはならない、そんな期待のような、宿命のようなものがあるのではないかという思い込みをわたくしはつい持ってしまいがち。

いかんいかん。

少数派とて、一個人である。

また、多数派も、それぞれはまた、一個人である。


■多様性のなかの多様性のなかの多様性のなかの、、、

いつもの入れ子構造、無限ループに陥る思考回路でありますが、ま、みんなぐわんばろーってことを思いつつ、眠りたいと思います。


では、皆さまも、おやすみなさいませ。

いい夢を!

そしていい目覚めを!